MASTER-B

ルンゲについて

ルンゲのとった視点、つまり色に対するアプローチの仕方には、ゲーテのような普遍的霊の広がりがありません。

ルンゲが色について書いた立場は、その主な関心事がもっぱら色の透明さと不透明さの相違に向けられている画家としてのものでした。

今日、伝統的油彩画法が白や黒の絵具を使って色の濃淡を調整していることを思えば、これも大変実際的な見方と言えます。

しかし黒も白も透明の媒体とはなりえません。

ルンゲのアイディアは、立体的な球体の赤道にピュアカラー(図3: 12の純色)を配置し、



画像の説明



例えば北極に白(図4)、
画像の説明


南極に黒(図5)を持ってくるというものでした。
画像の説明


12の異なる色調は、北極とか南極とかに近づくにつれて、段々と白や黒に混ざり合います。
こうして一種の色彩カタログが出来上がります。

その球体の中央を北から南へカットすれば、球体の中心が現れます。
そこは中間の濃淡の灰色です。

その灰色は、赤道をカットした時、中心には12色を完全に混合した灰色が現れるだろうと想像できますが、まさにそれと同じ色です。

ルンゲの色球は当時の画家たちには助けとなったかもしれませんが、20世紀初頭の色に関わる産業の発達が、彼の成し遂げたことの重要性を最小限にとどめました。
またルンゲは、光を理解する手助けには特別に貢献しませんでした。
しかし、これからのレッスンで扱うことになるこの透明性の問題は、実習の上で現実味を帯びてきます。

The point of view of Runge, his approach to colors had not the wideness of Goethe's universal genie. He wrote on colors from the position of a painter, who was primarily interested in the difference between transparency and non-transparency. This is a very practical view considering that the traditional oil painting technique is currently using white or black to modify the intensity of every color tone. But both white or black cannot be transparent media. Runge's idea was to place the pure colors (a palette of 12 colors Fig.3) at the equator of a three-dimensional ball, that would have white as a North pole (fig.4) and black as a South pole (fig.5). The 12 color tones would be mixed step by step ether with white or with black, depending of their position towards the north or towards the south. A kind of color catalog appears in this way. The very center of the ball or "sphere" appears if I would cut it in the middle from North to South. It is a middle Grey. The same grey as if I cut at the equator and imagine the center being a perfect mixture of the 12 tones.
Runges Color Sphere could have been helpful for painters of his century, but the development of the color industry since the beginning of the 20th century minimized the importance of his work. Runge also brings no special help for an understanding of the light. But as we will consider in further lessons his question concerning the transparency becomes real in the practice.




トップページへ

a:51 t:3 y:1

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK