LESSON D

ブース・ハンバーガー

1887年生まれのヒルデ・ブース・ハンバーガーは、ゲーテアヌムの建設が進められていた全年月にわたり、ルドルフ・シュタイナーの生徒であり助手となった人でした。

描く時に、彼女はシュタイナーのスッケッチ画をそのままコピーしたわけではなく、ゲーテからシュタイナーへと受け継がれた精神のさらなる充実を図ろうとしました。

その研究の成果を、彼女は一冊の本にまとめ、それを息子であるウィルフリード・ブースが『Die schöpferische Kraft der Farbe (The Creative Power of Colors 色の創造力)』というタイトルで出版しました。ウィルフリード・ブースが第四版をまとめる前に亡くなってしまったために、Zbinden Verlag Basel社で編集されたこの本はもう長い間絶版となっています。

この本にはゲーテ、ルンゲ、そしてシュタイナーについての貴重なコメントや引用文が満載されています。

最も興味深く思えるのは、著者がその大変オリジナルで真性の色環を、いかにして発展させてきたのか段階的に説明している部分です。

彼女は絵画のプロセスを旧約聖書の天地創造の物語と結びつけました。これから彼女自身の絵にならい取り組もうとしているのが、その4つのシリーズからなるエクササイズです。(ここでは、その本で用いられているエクササイズの番号33〜36をそのまま使うことにします)。

Boos Hamburger

Hilde Boos Hamburger, who was born 1887, became a student and helper of Rudolf Steiner in all the years of construction of the Goetheanum. She didn't try directly to copy Steiner sketches on painting, as much more to fulfill the spiritual way from Goethe to Steiner. She wrote the results of her research in a book that has been published by her son Wilfried Boos: "Die schöpferische Kraft der Farbe" (the creative power of colors). This book edited by "Zbinden Verlag Basel" is already for many years out of print, because W.Boos died before having managed the 4th edition of it.
This book is full of precious comments and quotations from Goethe/ Runge and Steiner.
The most interesting part seems to be the progressive way how the author develops a very original and genuine color circle. She binds the process of painting together with story of the world creation in the Old Testament. That is a series of 4 exercises that we want to work with in following her own paintings out of her book. (We keep therefore the numeration used in the book: 33 to 36).


レッスンD/1

エクササイズ33

混沌、「地はうつろでむなしかった」。
普遍的ではあるけれど、混沌とした<無・色>としての灰色。

画像の説明
Chaos, " the earth was empty and desert". Grey as an universal but chaotic "non-color"






エクササイズ34

光(白)と闇(黒)が分けられた。最初の対立が現れる。
どうぞ灰色の中に生じてくる一つのプロセスとして感じて下さい。
暗さが集積されていくなかで灰色がなる→黒
灰色が輝いてくるとしたら、それは「輝き」となる→白

画像の説明
Light (white) and darkness (black) has been separated. Primary polarity appears.
Please feel it as a process, happening into the Grey.
In a condensation of darkness grey becomes ---> Black
If the Grey is lighting up it becomes "shining" ---> White






エクササイズ35

シュタイナーが語った<月紀>の説明に関連させ、ブース・ハンバーガーはこの段階を次のように書いています。
「第三段階は対立するはたらきが始まったことにより現れます。
私たちには憧れが現れ出てくるように感じられます。
光と闇がそれぞれに姿を現し、あるいは戦うにつれ、闇は光を押さえ、光は闇を照らし出すように思えます」。
シュタイナーのいわゆる「輝きの色」の誕生です!

画像の説明
Related to some descriptions by Steiner about the "Old Moon", Boos Hamburger wrote about this step:
" A third state appears because the polarity begins to work. We could feel like yearnings coming out. The darkness seems to tone down the light and the light to light up the darkness, as they would present or combat each other."
The so-called "luster colors" by Steiner are born!






レッスンD/2

エクササイズ36

今度は本当の意味での全体性が実現されるでしょう。
「黄と青が混じり合うことにより緑、すなわち<生命の死んだ像>(シュタイナー)が生み出されます。

ここではそれが大地の色として現れ、そこに植物が成長します。
私たちはそれを人類の進化の中心、ゴルゴタの秘跡における埋蔵の色として感じることができるでしょう。この緑の上に、桃色を作りました。それは復活の色です」。
(ここまでブース・ハンバーガーの著書に基づく。)

画像の説明

この色環では、桃色を他の全ての色の真ん中に据えることにより、
シュタイナーの研究における重要な側面が新たにもたらされています。

なぜならそれが単なる花の色(桃の木の花)ではなく、人の肌色だからです。

人は死とそれから死を克服することへの関連性を、肌の色をとおして表しています。シュタイナーはその色を「魂の生きた像」と呼びました。

私たちのカラー・スクールのレベル3では、すでにこのミステリ―を絵画的にどう扱うかについて示しました。

しかしブース・ハンブルガーの色環は、どうしたら白と黒を他の色たちの響演の現実に収めることができるだろうという課題については、満足のいく解決策を与えていません。

シュタイナーの色環に比べ、彼女の色環は閉じた形です。しかし黒と白はその周辺に置かれたままになっています。そしてそれらの色は一つの傾向として、あるいは分類であるかのように表れます。左側には白のように明るい色が並び、右側には黒のように暗い色が並んでいます。

ブース・ハンブルガーの色環における大きな利点は、色を数えず(ゲーテは6色、シュタイナーは8色)、柔らかく移行するように描いていることです。それは一つのプロセスであり一筋の道です。プアプア、赤はゆるやかにバミリオンとなり、それからオレンジへ...という具合です。

おそらくこのような形をとったのは、彼女が初めてでしょう。プアプアとレモン・イエローの間の境は自由なまま残り、見る人のファンタジーに任せられています。好きなように、3色とも4色あるいは5色ともそこに色を区別できるかもしれません。

Exercise 36: Now a true totality can be realized.
"Yellow and Blue mix together producing the Green, "the dead image of the life" (Steiner).....which appears here as the color of our earth, on which plants grow......we could feel it as the center of mankind's evolution, the color of the burial in the Mystery of Golgatha....Over this Green we made the peach blossom, which is the color of the resurrection."
so far Boos-Hamburger in her book.

This color circle brings a new important aspect of Steiner's research in placing the Peach blossom in the middle of all the other colors. Because it is not simply the color of a flower ( the blossom of peach trees) but the color of the human skin. Through the skin color human being are revealing their relationship to death and overcoming the death. Steiner called it "the living image of the soul". In the Third Level of our color school we have already shown how to treat this mystery in a painting way.
But Boos Hamburger's circle doesn't solve in a satisfying way the question how Black and White could be really included into the concert of the other colors. Though in the contrary of Steiner's her circle is a closed one, but Black and White remain placed at the periphery of it and they appear as a tendency or as a classification: on the left the light colors similar to White, on the right the dark colors similar to Black.
The big profit of Boos Hamburger's circle is that she doesn't count the colors (6 by Goethe/ 8 by Steiner) but paints them with soft transitions. They are a process, a way: the Purpur Red becoming slowly Vermillion then Orange etc... She perhaps has been one of the first doing that. A kind of division between Purpur and Lemon yellow remains free at your fantasy. You may differentiate 3, 4 or 5 colors as you please.




トップページへ

a:65 t:3 y:2

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK