なぜ、カラーメディテーションなのでしょうか?

画家は、物質に秘められた色の純粋な作用を理解することができません。
例えばシアンの絵具の中の青そのもの、辰砂という顔料の中の赤そのものの働きを。

なぜならば色は感覚世界における一般的な現象であると同時に、魂世界への扉でもあるから
です。瞑想するという意味は、芸術的な作用に目を向けるだけでなく、ことさら探究するために、この魂世界に参入するということです。

このスクールで行うエクササイズは、このような目的のために選ばれています。つまり魂の世界の出来事と、そこに存在するものの正確な知識へ、学び手を導くという目的です。

ここでは各々の色が、四大元素界と呼ぶこの世界への特別の乗り物です。それぞれの色は感情の特定のニュアンスを表し、それはまた精神界への道を開きます。このようなエクササイズを行と、オーラと呼ばれる色達と共に、人間の周囲を織り成す元素的な色とより直接つながる能力を養うことができます。オーラの色は、人の意志、感情、思考が濃縮したものであり、人体の周りを囲んでいます。

しかし、それはカラー瞑想のほんの一端です。色彩存在に対する意識がますます磨かれるなら、芸術や実用面において色をより確実に生かすことができるようになるでしょう。

ちょっとした例を挙げてみます。色に対する上達した感覚を持つ人が新しいレストランを開いたら、テーブルに緑のクロスを置くことは、おそらくその色の特殊な性質ゆえにないでしょう。
丁度その正反対の色のテーブルクロスなら、顧客の食欲をそそってくれるでしょう。つまり赤味がかった色です。

そのようなことがこのスクールの目指すところです。適切なステップを踏みながらエクササイズを行っていけば、霊的次元において、皆さんが色彩とのマスターのような確実な関係を築いてゆく助けとなるでしょう。

トップへ

a:2417 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK