DANIEL MOREAU NEW MESSAGES

16th of July

About MASTER

Is it possible to observe the difference between a beginner and a Master in painting? This question seems to be unsolvable today. We are living in a time, where everyone, trained or untrained, can declare to be a painter. In the last century the possibility of jugement considering the value of art products presented to the public has been almost destroyed. Today we have on one side the painting poeple, who though orientationless try to be accepted as professional and on the other side the common folk, who is educationless in the mater, but feels obliged to give attention to the products offered by these, who are called painters and "masters". With the beginn of the so called Abstraction the possibility of jugement in Art has been dislocated.
The world of Art was open for important researchs but although for many kind of farces. It became at example possible to exhibite not more than pure materials: white with acryl color sprayed panels / black with acryl color sprayed panels and similar objects adding nice titles or textes to catch the attention of the public. The next step arrived soon: it is the so called "installation", in which the absurdity becomes the methode and where the common field of painting is completely abandoned.
But for those who remain in the field of 2 dimentional creations using the medium of colors, a kind of hierarchy order appears through there results. The hierachy which has been already clearly felt in the classic of painting.
Artistic process can only beginn in the expression of a more or less wild impuls, grasping some available material. Danger at this very step is the chaos, caused by the play of a dreamy consciousness. But everyone is at the beginning of an artistic work that kind of childish dreamer, so that the step of chaos could be consider as a necessity. In the next steps this has to be overcome by introducing some form elements, limits, contrasts etc, connected with a more clear consciousness of a goal. The work becomes older, ripe, achieving a step of balance between dynamic and form, life and death. The forces of formation must be brought by a superior consciousness. The more the artist is experienced the more he will be capable to reach a ripe finishing of his work.
At the end of this creation there is the Master level. Between Beginner (that is of course everyone) and Master we can distinguish many different levels, which depend of the ability of self criticism . Who is
the best critic of himself could become a Teacher and Master. For every artistic process the ladder from Beginner to Master must be climbed. But at the end the real feeling remains as a question: is that unfinished or is it still a master piece?

Daniel Moreau


マスターについて

絵画において、初心者とマスターとの違いを見分けることはできるのでしょうか。この問いは今日においては解き難いように見えます。
私達がいるこの時代、絵を習得した人もそうでない人も画家と名乗ることができます。先だっての世紀において、公に発表された作品の評価の基準というものは、ほとんど壊れてしまいました。
今日、一方では、手ほどきを受けていない画家でもプロの世界に受け入れられようとし、もう一方では、同じような人々ではありますが、まったく学んだことがないにもかかわらず、いわゆる“マスター”と呼ばれる画家によって提供された作品であるかように目を引くことができると思っているようです。
いわゆる抽象の始まりによって、美術における判断力は見失われました。
美術の世界は重要な探究へと開かれましたが、幾種もの力にも開かれてしまいました。それは例えば、もはや純粋な素材とはいえないもの:真っ白なアクリル絵の具がスプレーされたパネルと真っ黒なアクリルがスプレーされた物体に、気の利いたタイトルやテキストが添えられ、公衆の注目を集める展示が可能になるというようにです。
次なる段階はすぐに訪れました。“インスタレーション”と呼ばれるものにおいては、その不条理さそのものが方法となり、共通の領域であるはずの絵画が、完全に放棄されてしまいました。
しかし、二次元性における創造は保たれました。つまり、そこでは色彩の媒体が用いられ、そこにその色彩の成果を通して、ある種のヒエラルキーの秩序が現れます。そのヒエラルキーとは、すでに伝統的な絵画においてはっきりと感じられてきたものです。
芸術的なプロセスとは、まずは、そこらにある素材を手に取り描き始めるというような、大なり小なり粗野な衝動から始められるものです。この段階での危険性は、夢見るような意識から生じる混沌にあります。しかし、だれでも芸術的な営みの始めというのは、ある種の子どもじみた夢見るような気分があるのです。ですから、始めの混沌は、必要なものであると考えられます。
次の段階は、形の要素や、制限、コントラストなどを克服するというものです。それは、より明確なゴールへの意識に結びついています。その仕事においては、秩序が生じ、熟し、ダイナミズムと形、生と死といったものの間のバランスをとるという段階へと到ります。その造形する力は、高位の意識からもたらされなければなりません。さらなる芸術家は、彼の仕事の円熟した終着点よりも、さらなる経験をするものです。
この創造の最後にいたると、そこにマスターのレベルが存在します。初心者(もちろん始めは皆がそうですが)とマスターの間には、たくさんの異なるレベルがあり、それには自己批判の能力を伴います。最も自己批判をできるものが、教師となり、マスターとなるのです。すべての芸術的なプロセスにとって、この初心者からマスターへの階梯は上られなければなりません。
しかし、最後の本質的な感覚は問として残されます。「これはまだ未完か?それともすでに名作だろうか?」と。

ダニエル・モロー




Dear Students of the Color Meditation School !

The activity of painting is more as an entertainment, though it could give you much fun, making you laughing about your one products if you have the right humor.
If you train your body you get strong muscles but oneday they will desapear. If you train your soul by doing art you build something for the eternity. Therefore it is important for the health of your soul, that you train and learn consistently. In painting weekly you will first try to copy the teacher following his advice. But -second- you can also try to change some element of the exercice offered. You will then discover why your teacher has chosen just the proposed colors and composition. If you cannot feel that, please ask him.
Keep your soul in efforts and motions. A vivid process of researching and learning is a true healing power. It makes your soul growing, breathing and your spirit young.

Daniel Moreau

親愛なる受講生の皆さん!

絵を描くということは、エンターテイメントとして以上のものです。
それは、ずっと多くの楽しみを与えてくれます。真のユーモアを持ちあわせていれば、
あなた自身の「創造物 」から笑いを得ることすらできます。

身体を鍛え、筋力がついたとしても、いつしかその力は失われてしまうでしょう。
しかし、魂(心)を芸術活動を通して鍛えるなら、あなたは永遠に朽ち果てない何かを築くことができます。ですから、芸術を通して、常に学び練習することは、魂の健康にとって、とても重要なのです。

毎週描く中で、あなたは、まず教師のアドバイスに従って模倣することを試みるでしょう。
けれども次に、実習が与えたいくつかの要素を変えて試してみることもできます。
そうしてみて、あなたは教師がなぜその色や構図を選んでいたのかその
理由を発見することでしょう。
もしそれが感じられなければ、どうぞ質問して下さい。

常に魂を奮い立たせ、動かしましょう。いきいきとした探究と学びのプロセスこそ、真の癒しの力です。それは、あなたの魂を成長、呼吸させ、あなたの精神を若くするのです。

ダニエル・モロー





14th of January

Dear Students,

Color Meditation School is based on the colorknot, which is in one sense the goal that sends its light through all the steps.
Therefore all are balance-exercises and colorsound-erxercises related to the position of the colors in the colorknot.
With Step 3 you are introduced in the secret of totality, that is the real nature and the low of any color circle.
Colors as a unique community!
You can although discover this low as a kind of appeal in every picture.
Each image is related to the individuality of man, is unique.
The word "Individual" means "cannot be divided", it allways remains to be a unity!
But this appeal of color totality could become a danger, if you beginn to introduce too many colors in your work. In the training we allways choose consequently few colors in each step.
Our School of Color Meditation wants to be a training for free painting, so that you could consider the colorknot as a door to freedom.
Of course there will be more to learn beyond this threshold, because your one completion will be by developping a perfect sense for the inner lows of pictures.
This last step could be teached in life seminars or in private lessons in my studio or where ever you wish.

All the best for 2013 and gambate!

親愛なる皆さん

COLOR MEDITATION SCHOOLは、「色の結び」を基本に据え、ある意味では、そこがあらゆる道程に光を放つ、本スクールのゴールでもあります。
したがってレッスンの全ては、「色の結び」に配置された色と関連した、バランスのエクササイズやカラー・サウンド(色のひびき)のエクササイズとなります。

ステップ3では、全体性の秘密が紐解かれていくわけですが、それはどの色相環にも通じる本質的な法則です。
様々な色は、一つのユニークな共同体として存在しているのです!

皆さんはこの法則を、それぞれの絵を描いていく中で、一種のアピールとして発見することもできるでしょう。
人の個性と関わるイメージはユニークです。
「個」という言葉は「分けられない」という意味であり、常に一つのまとまりとして留まり
ます。
しかしながら、全体性としての色彩から生じるアピールは、作品に多過ぎる色を用いはじめた途端に危険にさらされることになります。
ですから、各段階のトレーニングでは、いつも色の選択を限定することになります。

このスクールは、自由な絵画制作を目指しており、皆さんは「色の結び」を自由への扉として考えていただくこともできます。
もちろん、この門の向こうにはさらに学んでいくことがあるでしょう。
なぜならば、ここで絵画の内なる法則に対する感覚を完璧に養っていくことが、皆さんにとっての一つの完了となるからです。
この最後のステップは、ライブのセミナーや、私のスタジオで行う個人レッスンなど、皆さんの望まれる形でお伝えすることができるでしょう。

2013年のご検討を祈っています。がんばって!


4th of December
Dear Students

today it seems to me necessary to treat a very practical question, that gives the most difficulties to you.

The painting methode, that we recommended in this School, is the so called wet on wet watercolor painting.
The main painting problems can in reallity be reduced to one question: how could the humidity on the paper be mastered?

1/ You first wet the paper and stretch it on the board. It must be done on both sides,so that no air,no bubbels
are resting under the working surface. But although no water spots emerging on it.

2/ If you are fast in sprading out the paint, so you can use a strong concentration of it to obtain although a soft color.

3/ If you are more hesitating in your doing, so please use a more thin concentration ...but you will soon meet the danger to accumulate water over water on your paper. The water will become eventually the real painter and transport arbitrary the color by itself, so that you will stop to be the "master"in your work !

4/ In this second case, please continue painting at another place of the picture, till you have grasped again all the surface,make eventually a smal pause and continue by increasing step by step the intensity (concentration) of the paint, till
you reach the wished strongness.

5/ While working at a smal detail, it happens often, that you totally forget its surroundings. This detail receives more and more watery paint and the milieu becomes dry. After a short moment, you will wonder how the last used paint spread out into the dry parts probably agains your one will. In such a case the only help is to referesh the surroundings, giving to it
a similar grade of humidity as to the detail.

Never give up to become the real Master in technical things.

With my best greetings.

Gambate

Daniel Moreau


親愛なる皆さん

今日は、みなさんを最も手こずらせる実践的な問題に触れる必要があるかと思います。

このスクールで推奨している絵画の技法は、ぬらし絵(ウエットオンウエット)と呼ばれるものです。
この技法で描く際の主な課題は、実は『紙の上の湿り気をどのようにマスターするか』という一つの問いに集約されます。

1 まず紙をぬらし、画版の上でそれを伸ばします。その際、紙の両面をぬらさなければなりませんし、描く平らな画面の下に泡や空気が入らないようにしなければなりません。

2 絵具を、紙の上に広げていく際には、たとえソフトな色でも、濃い絵具を使うことができます。

3 もし、躊躇するようでしたら、どうぞもう少し薄い絵具を使ってください。
しかし、そのことによって、すぐに紙の上に水がたまりすぎてしまうという危険に出会うことでしょう。
結果的に、水それ自体が、画家、あるいは「色の運び手」となってしまい、あなたが自分の仕事の主人となることを妨げてしまうでしょう。

4 この第二のケースでは、画面全体を再び掌握するまで、どうぞ他の部分を描く作業を続けてください。

5 細かい部分を描く間、あなたはその周りの部分のことをすっかり忘れてしまいがちです。
この細部は、より水っぽくなってしまい、その周りは乾いてしまいます。ほんの少し後で、あなたは、その乾いた箇所は、どのように最後に色をのせたのだったかと訝しく思うで
しょう。おそらく、それはあなたの意志に逆らうものです。
そのようなケースの唯一の助けは、その乾いた周囲も、水っぽくなってしまった細部と同じだけの湿り気を与えて、リフレッシュさせるしかありません。

技術的なことの真のマスターとなるまで、どうかあきらめないでください。

がんばって!

ダニエル・モロー




9th of June
Dear students,

Today, I would like to introduce about my painting work.

Painting is some work, that I separate radically from drawing, which is a question of producing forms.
Each painting is an experiment with colors, to make colors moving, living and giving birth to a motiv.
Therfore I beginn in choosing 2 or 3 colors, being perhaps just fascinated by their sound.
Eventually others will be introduced later....which could be simply the effect of their meeting and mixing each other.
At the meeting place of the original colors some concentration appears, which give birth to a form
element or a form "possibility". My task is to accept or to refuse this possibility in the process of creation.
This painting consists in a series of decisions, which demand courage. A courage that grows with the creating work.
Slowly, step by step, the colors get intensity and the picture let appear forms.
Than I try to stop the process at the right moment. But what is the right moment?
The observer of this work has to be involve in the process, not as a consumer but as a co-worker and co-creator.
This purpose give me a mesure for the right moment. That is the point, at which the picture is no more a simple
entertainment (a decorativ color sound) but offers the possibility to imagine something. It becomes an invitation to activity of the soul.
Is the motiv very clear and exact formed, so the observer's activity will desappear very fast. He will be satisfied to recognize
a wellknown object (flower or landscape or animal etc.) and will turn away his attention and co-operation.
This purpose give to my paintings their special characteristic: they seem to be not full accomplished. They are only finished, if they awake a question and research in the soul of their visitors!

Daniel Moreau




親愛なるみなさん

今日は、私の仕事についてお話しましょう。

ペインティングとは、形を生みだす という問いをもつ仕事です。
それは、私が根本的にドローイング(素描)とは分けているものです。
私のどの絵も、色がどのように動き、生き、モチーフの誕生をもたらすかという色の実験
です。
そのため、私は、2~3の色を選び、おそらく生じてくるそれらの魅力的な色の響きから描き始めます。場合によって、後に他の色も導入しますが、それは、単に最初の色が混ざりあった結果としてできた色のみです。

はじめの2~3色が出会うところには、いくつかの集中が現れ、それは、形の要素か、形の”可能性“の誕生をもたらします。
描き手としての私の仕事は、その創造のプロセスにおいて、この形の可能性を受け入れるか拒否するかということなのです。
それには、勇気ある決断が繰り返し要求されます。
創造活動と共に、一種の “勇気”が成長していきます。
ゆっくりと、一歩一歩、色は強さを得て、画に形を与えていきます。

そして、私は正しい瞬間に、そのプロセスを止めます。しかしながら、正しい瞬間とは何なのでしょう?

絵を見る人は、そのプロセスに巻き込まれますが、単なる消費者としてではなく、協力者、協働の創造者としてです。この目的は、私に、その“正しい瞬間“の目安を与えてくれます。

それはこんな瞬間です。
その画が、もはや単なる"楽しみ“(装飾的な色の響き)ではなく、何がしかのイメージの可能性を与えるようになったその時。
それは、魂の活動への誘いとなります。

もし、モチーフがとてもクリアになり、正確に形づくられると、鑑賞者の魂の活動は、あっという間に消えてしまうでしょう。
彼は、周知のもの(花や風景や動物など)を認識することで満足させられてしまうのです。

この目的は私の絵に特異な特徴を与えているでしょう。
私の画は十分に完成しているようには見えません。
たんに終えたのです。
但し、その絵に訪れた人の魂に、問いと探究心を目覚めさせることができたならば!

ダニエル・モロー


1th of January

Dear students,

The world of Light and Darkness (at example: Black and White) is a world of refection. Working in it we realize or reflect our mental images, our thoughts.
Colors are different. They express HOW Light works with the Darkness, expending, desiring, yearning. Either the Light overcoms the Darkness (Yellow)
or the Darkness makes it to its prisoner (Blue). Goethe resumed this fact in the wonderful sentence: "Colors are deeds and pains of the light".
In the Black and White Art we can have a more intellectual satisfaction, but in the world of colors our soul has to engage, has to react with emotions.

Daniel Moreau



親愛なる皆さん

光と闇(例えば、黒と白)の世界は、反映の世界です。
明暗で描きながら、私達は心理的イメージや考えを形にして映し出します。
色は違います。色が表すのは、広がったり、欲求したり、憧れたりしながら、共にはたらく光と闇の有り様です。
光が闇に打ち勝つか(黄色)、闇が光を捉えるか(青)、そのどちらかです。
ゲーテは、この事実を、次の素晴らしい文章に要約しました。
"色とは、光の振る舞いであり、光の受難である“
黒と白の中で、私達はより知的な満足を得ることができます。
しかし、色の世界では、私達は魂でもって、感情と共に反応しなければなりません。

ダニエル モロー




1th August

Dear students,

The first step of a colour meditation is related to the fact explained just before.
It is the choice of a color, that you introduce slowly, with progressing intensity in your consciousness.
Therefore the importance of a painting method like watercolour painting. It enables you to begin with a very soft and diluted intensity.
You introduce in the space of your soul (that is of course the white paper!) a foreign will and you let it
grow by raising its intensity. A kind of pure "fight" appears, because the chosen color expresses its tendency, its willing nature, if you don't destroy this by fixing some goal of work.
If you namely make the colour immediately to the servant of your thinking, then it cannot reveal its real being.
You have now in this beginning of meditation to follow the process that invite you to go a way, that you never experienced or thought of before.

Daniel Moreau


親愛なる皆さん

色彩瞑想の最初のステップは、先に述べた事に関わっています。

その始めのステップとは、まず、ひとつの色を選ぶということです。そしてその色を少しずつ導入し、意識の中で徐々に強めていきます。

そのため、水彩のような絵画技法で大切なのは、薄められた淡い色で描き始めることができることです。

あなたの魂の空間に(ここではもちろん白い紙ですが!)異質である意志を招き入れ、その色のもつ強さにまで色調を高めていきます。

その際、あなたの魂とその異質な意志との、ある種の純粋な“格闘”が起こります。なぜなら、その選ばれた色自身が自らの性質を主張し始めるからです。

あなたが仕上げとして、なんらかのゴールに絵を固定することによってその意志が壊されてしまわないかぎり、色は自らの性質を表そうとし続けます。
もし、色をあなたの思念に仕える奴隷として扱うやいなや、その色は本来の姿をもう表すことができなくなるのです。

あなたが今、この瞑想を始め、そのプロセスを進めていく道中は、描き始める前には、考えたこともなく、経験もしたことのないものになることでしょう。

ダニエル・モロー




23th Jun

Dear students,

today we want to go on with our efforts of understanding concerning the question "what means meditation"!
In our common experience of the world our thinking is very much connected to our perception. Hearing a word or seeing a picture
we immediately build an inner image (also called mental image), which get added in our consciousness to the perceived image.
This uses to happen of course on the basis of our previous experiences, of our memory. Therefore Rudolf Steiner said: the perception
is not finished, it is not all the realität, it is like a question that needs the complementary element, the answer of our soul.
BUT this process uses to happen very automatically like a mechanism, so that we are not aware of our "thinking contribution" to the
reality.
That is the big illusion due to the power of the perceptions: they entertain our soul with the overpowering effect, that has been developped
further on in the television and in all other media.
An old german song says: "look where is nothing to be seen, because there God could be found, there is God." It means: if you keep your
sight activity but renounce to have a perception, then you have a pure spiritual experience.
Meditation is such an experience of God because we work with a sentence, a word, that doesn't have the common power of other perceptions.
It cannot be fixed and understand immediatly. In this way we can experience the pure willing and the pure thinking of our soul.


親愛なる皆さん

今日は、”カラーメディテーションとは何か”という問いについて、さらに理解する試みを続けたいと思います。

私達のごく普通の体験では、思考というものは、知覚(や感覚)に、強く結び付いています。言葉を聞く、あるいは、絵を見ると、私達は、即座に内なるイメージ(いわゆる心象)を作り上げ、それが意識の中で、知覚されたイメージにつけ加えられます。これはたいてい記憶という以前の体験を基にして起きるものです。

それゆえ、ルドルフ・シュタイナーが「知覚は完了したものではなく、現実の全てではない。それはちょうど問いかけが、魂からの応えという補完する要素を必要としているようなものだ」と言っているのです。

しかし、このプロセスは、機械仕掛けのごとくまったく自動的に生じるため、現実に対する「思考の貢献」を私達は自覚することができません。これは、知覚の働きによって引き起こされる大きなイリュージョンです。
それは私達の魂に圧倒的な影響を与えて楽しませてくれます。そしてその影響力はテレビや他のすべてのメディアによって、ますます推進されていくのです。

ある古いドイツの歌に、このようなものがあります。
“何も見えないところを見てごらん。そこに神様がみつかるから。神様はそこにいる。” 
このうたが意味するのは、「もし、あなたが、目によって知覚したものを放棄して、なおかつ見続けるなら、あなたは純粋に霊的な体験をもつだろう」ということです。

瞑想は、そのような神の体験です。なぜなら、瞑想とは、一般的な他の知覚によらない、文章、言葉による行為だからです。

それはすぐには、こういうものだと理解できることではないかもしれませんが、この方法で、私達は、魂の純粋な意志と純粋な思考とを体験できるのです。

ダニエル・モロー




7th Jun

Dear Students,

After having try to clear up the question what is a color meditation, I would like today in a further step to ask you, although of course asking me, why should we meditate? Meditation is either a social duty nor an economical necessity, but for you as a meditating person it could be a tool for health. It could become something, that you don’t want to miss because its brings you to your balance.
This aspect of meditation has been recognized and developed in the modern Yoga, with the tendency to make it a kind of sport. Of course meditation is although a training…..but it is much more as a sport.
It is preparing your soul to receive a spiritual message, it is previous work toward inspiration and intuition.
Colour meditation help to prepare yourself for receiving the right ideas while painting.
Therefore gambate

Daniel Moreau

親愛なる皆さん

「カラー・メディテーションとは何か?」について考えてみた後に、今日は、さらにつっこんであなたに聞きたいと思います。「なぜ瞑想するべきなのでしょうか?」それはもちろん私自身への問いかけでもあります。

瞑想は、社会的な義務でもなく、ましてや経済的な必要性からするものでもありません。

しかし、”瞑想する人”としてのあなたにとって、それは健康のためのツールとなりえるかもしません。欠かすことのできない何かになることでしょう。なぜなら、それはあなたにバランスをもたらすものであるからです。

この瞑想のもつ側面は、現代のヨガにおいては、ある種のスポーツのように認められ発展してきました。もちろん瞑想もトレーニングであると言えますが...それはスポーツをはるかに超えたものです。

瞑想とは、あなたの魂が霊的なメッセージを受け取るための準備といえます。インスピレーションや、インテュイションへといたる事前の行いなのです。カラー・メディテーションは、あなたが描く際に、正しいアイデアを受け取ることを助けてくれます。
ですから、がんばって!

ダニエル・モロー


24th May

Dear Students
Today is the moment to speak about: What is a meditation? and why do we call our school:color meditation school?
A meditation is in the modern sense of this world a deed of our personal will. We have to push far from our consciousness all perceptions and concentrate it on some picture or some words. They bring us over the threshold to an other world, transforming our consciousness.
If this will is not personal, if it is borrowed by some guru, we will be lost in the foreign world because our ego did'nt develop by himself its own wings, before entering the spiritual world.
In our case, we use the colors and their life as a threshold, as an meditations word and we have to fortify our will in concentrating on the exercise.
It is always very common to find a reason, not to persist: surroundings is too loudly, or my health is damaged or I have no more time..... But the will can only grow by overcoming these so called "reasons". They are all in reality pretexts!
Meditations are the most free deeds, that we can achieve. And only free personalities are successful in their life.
Therefore I wish you today to be strong: gambate kudasai!

親愛なる皆さん

今日は、なぜ瞑想なのか?また、なぜ私達のスクールが、『カラーメディテーション(色彩瞑想)スクール』であるのかを、お話する頃かと思います。

瞑想とは、この社会の現代的な感覚においては、個人の意志による行為であると言えます。私達は、瞑想する際に、すべての感覚を意識から切り離し、何らかの絵や言葉に集中しなければなりません。そのことは、私達の意識を変容させ、別の世界への入り口へと導きます。

もし、ここでの意志が個人的なものでなかったら、つまり例えば誰か”グル”から与えられたものであった時、私達は異界の中で迷ってしまうでしょう。なぜなら、私達の自我は、霊界へ参入する以前に、自らの翼ではばたき、成長することができなかったからです。

私達のスクールでは、色彩とその生命を入口として、また、ある種の瞑想の言葉として扱います。そして実習に集中する中で、意志を強化しなければなりません。

続けられない理由としてよく言われがちなことに、「周りが騒がしかったから」とか、「体調がさえなかった」、あるいは、「時間がない」などがあります。
しかし、意志とは、これらの理由を克服することによってのみ育てることができるのです。実際のところ、そうした事はどれも口実ですね!

瞑想とは、私達が達成するできる最も自由な行為です。そして、唯一自由な個性だけが人生の中で成し遂げられるものなのです。
ですから、今日私は皆さんに強くお伝えしたいと思います。「がんばってください!」

ダニエル・モロー




16th May

Today, I would like to explain more the background of my teaching to you.
All that, what is called drawing or painting nowadays, could be a very painful experience
for an artistic soul. It mostly (99%) consists in limiting the white surface with a black line, than filling the inner part of the so called drawing with any kind of colour and any kind of medium ( water colour, acrylic colour, oil colour and so on.) The form has been fixed as a primary element and becomes the prison of something superficial and unlikely treated that we call colour.
Out of this suffering situation, overcoming the pain, we try in our school to do just the contrary. We learn to observe how the different colours work and how they create by themselves the limits that invite our fantasy by making forms. We want to develop a method which is giving to colours the biggest value.
Form has to become the result, the work of the colours, that has been chosen.
Best greetings to you!

親愛なる皆さん

今日は、私の授業のバックグランドを、もう少しお伝えしたいと思います。

今日、あらゆる素描や絵画と呼ばれるものは、芸術的な魂にとって、たいへん心痛むものとなっています。

そのほとんど(99%)は、白い地に黒の線で輪郭を描き、それからいわゆる素描と呼ばれるものの内側を、あらゆる類いの色や素材(水彩、アクリル、油彩絵の具など)で埋めていきます。

形は主な構成要素としてあらかじめ固定され、何か薄っぺらで似つかわしくなく扱われているものの監獄となります。
その閉じ込められたものを私たちは色と呼んでいます。

この痛ましい状況を克服するために、このスクールでは、まさに逆の試みをしています。

ここでは異なる色彩がどのような働きをし、どのように自ら境界をつくるのか観察することを学びます。

そして、そのような作業に自ずと私達のファンタジーが誘われて形が作られていきます。私達は色彩に最大の価値を付与するような手法を目指したいと思います。

形態は、そこで選ばれた色彩の働きの結果として生まれなければなりません。

ご健闘を祈っています!

ダニエル・モロー


トップページへ

a:1821 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK