色彩の両極性について(続き)



この場合の黒はいっそう実質的でパワフルに感じられます。

私達はそこに黄色とは対照的に、ある程度の「チリ」に集積するまで
異物、つまり炭素を集めることができるという、人の血液の不思議さを体験できます。

したがってもう一方では酸素を吸息してもたらされる、ある種の元気回復が必要となります。

画像の説明

もっと黄色くなろうとする要求は、血中における酸素のような作用を模倣しているように思えます。

黄色は赤をもっと「若々しく」します

反対に暗い赤(いわゆる青い血)は「古い」血液を模倣しており、実際に黒さと重さへの傾向を持ちます。







トップページへ

a:1142 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK