二つの色の流れの交差

画像の説明

これまでは色の基本的な習性を観察しようとしてきました。
次のステップではその内的な振る舞いつまりは宇宙的な、あるいはアストラル的な性質を探ることができます。
色は人の魂の力として自らを表します。その力とは、生まれながらに備わり、人生の中で発達させてきた力のことです。

一番どこにでもある色なので最初に青を取り上げます。
その母性的な本質は容易に感じとれるでしょう。白と同じく、青も無私の色です。空の色である青は、地上生活における自由な空間を開き提供してくれます。母親の存在を忘れてしまう子供のように、私達はそこに青のあることを忘れがちです。なぜなら子供にとっての母親は、ただ自分の一部であるからです。青はわれわれを守るために未来を遮る、物質で出来た静かなカーテンです。

もし空が強烈な赤で覆われていると想像してみるなら、反対に挑発されているように感じるでしょう。そのような空の下では自由に働くことができず、むしろ一日中、頭上からの攻撃的なムードに圧倒されて、ある種の抑うつを感じることでしょう。

赤はもちろん身体の奥の世界にいっそう近い色です。
したがって受肉への意志を遂行する血液の流れとつながるイメージです。赤という色には自分達を通して現れた、またこれからも現れる(あるいは受肉する)かもしれない、あらゆる行為の可能性を感じます。




には精神のふるさとへの憧れ、本当の家への郷愁が生きています。には行為を通してさらに世界へ身をやつすことへの信念の力が生きています。

色の交差は、このような二つの時の流れが人生を構成し、相互に関連し合っていることを示しています。
ひとつは外側の黄色から出発し、赤−黒へと濃縮する流れです。
もうひとつは青紫として姿を表わし、青−白へと下る流れです。

両者は瞬間とか「今この時」と呼ぶことができる一点で交差しています。その一点では両者がある種のバランス状態にあります。
しかし理論的には決して調和に達しません。
中心軸に現れる受肉色の上方は、このバランスのイメージとして感じられるかもしれません。
誰でも健康状態をその時々の肌の色に表しています。

しかし瞬間というのはむしろ数量的な断片であり、時の単位のようなものです。
実際にわれわれの意識は未来へ向かって活動する赤の流れ、もしくはすでに起きた出来事を振り返って考える、青の流れに方向づけられています。ひとつの認識に完全に没頭することができれば、私達は今この瞬間の体験へと導かれます。そこでわれわれは「presence of mind(心がここにある)」と言う訳です。

どういうことかと言えば、今この瞬間に完全に目覚めることができるならば、つまり過去にも未来にもぶれずに現在にいることが可能ならば、時間を超越した霊が現れるということです。

そうすると観察した事物や状況と関わる、不変の概念が心に浮かんできます。概念が不変であるというのは、永遠の次元に存在しているという意味です。

交差を眺めると、「時が静止する」とはどういうことか感じることができます。触れることのできない現在は、二つの時の流れが中和し、完璧にバランスをとった、その一点にあたります。
(続く)




トップページへ

a:969 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK